Pacific Symposium 2008

アメリカ、サンディエゴで11月6日~9日に実施されたPacific Symposium。
向野先生は、まず9日午前のgeneral sessionでM-Testについて50分間講演されました。会場には250~300人ほどの参加者があり、用意したプリントでは足りず急遽追加印刷してもらうことに。少しバタバタしましたが講演は順調に進み、参加者から質問が出たり、終了後も先生に質問する参加者の姿がみられ盛況でした。
午後からは3時間にわたるWorkshopが行われ、ここでも多くの参加がありました。ここでは、簡単にM-Testを説明した後、何か症状のある参加者に出てきてもらい、全員へ症状や現病歴を説明してもらった後にM-Testによる診断と治療を実際に行いました。その場で症状が変化することに驚き興味深々の参加者。ここでもたくさんの質問が出て、熱心にメモを取る姿もみられました。
終了後には、先生の研究と努力、今回ここに来てくれたことを感謝をしたいと挨拶に来た参加者もありました。また、10日からのセミナーが既に定員いっぱいで締め切っていると言われ講習に出られない
参加者も。次回は参加したいとのコメントを残して帰って行かれました。
10日、11日は2日間にわたって行われるPost Workshop(セミナー)。参加者のほとんどは9日のgeneral session, workshopには参加しておらず、このセミナーからの参加とのことで、前日のレビューから始まりました。参加者は56人。 M-Testの30項目、治療穴、治療法などをゆっくりと説明し、その都度グループで実技という形で進行しました。先生の説明中にも途中で手が挙がるなど常に活発な質問があり、参加者の熱意がこちらへも伝わってきました。また、それは実技中でも同様で、向野先生とブラウン先生の他、カリフォルニア州で鍼灸師をされている金澤先生、前田先生、同行した松本先生、山下の4人で巡回している時も、どの位の負荷をかけるのか?この動きは正しいのか?この疾患は適応か?これが上手くいかなかったら次にどうするか?などたくさんの質問がありました。
今回のセミナーは、2日間とも9時~17時までという長時間の講習でしたが、みなさん最初から最後までとても熱心に取り組まれておりました。アメリカでの講習は今回がはじめてだったので、どの様に進行したらよいか、資料はどうするかなど手探りで、かなり時間をかけて検討を重ねての実施でした。しかし、参加者の反応、そして参加者のノートや資料にびっしりと書き込みがなされているのを見たときに、長時間かけて準備して本当に良かったと思いました。
終了後、次はいつアメリカに戻ってきてくれるの?また来年会いましょうというという参加者の声があったのは良かったですね。
以下に参加者のコメントの一部を記載しています。


Pacific Symposium参加者のコメント
  • Loved the notes.
    -Would like to hear about Mr. Mukaino’s understanding of why these methods work.
    -Would have liked some time spent on needling methods Mr. Mukaino uses.
    -Otherwise, loved the class & the presentation & handouts.
    -I believe I will use this method in the long term.
    Thank you Sensei!
  • Mukaino – sensei
    Thank you for the informative lecture. I appreciate the way you have broken it down into 4-steps.
    In my practice, I use more of a mirror imaging or corresponding channel to determine which points to use and I can see incorporating this too – another useful tool.
  • Thank you so much for coming and presenting. It has helped immensely to have a small set of points to start with on the initial selection.
    The handouts and hands-on assistance was a great help to clarify movements and selections.
    Thank you for your patience and extra explanations.
    Your assistants were a great help.
    Thank you for helping with treatment options where traditional basic methods don’t create a huge shift in pain and movement.
    I hope you will be able to come back to teach us more.
  • This course was very well conducted. There was ample time to observe methods demonstration and practice on each other. Observing live treatment very useful review of case from clinic very good.
  • Thank you Mukaino-san for a wonderful seminar. I enjoyed its practical applications, ease of point selection, and your clear, easy to understand explanations. The handouts you gave were very helpful, and the M-test booklet, also. I don’t have any areas of improvement as a suggestion, but there are some characteristics of this system that may be difficult to work with. For example, it would be difficult to simultaneously handle a 300lb patient and touch a point or lift his/her limbs, especially if the doctor is small. Also, I’d like to know how effective this system would be for chronic / degenerative / mental / emotional issues. This seminar has been enlightening (using 5-phase points) and I would highly recommend it to other practitioners.
  • Great subject, and taught very well.
    Translator is doing excellent job.
    Slides and PowerPoint presentations are great.
    Perhaps a bit more practical time, and going around to double check what we are doing.
    Thank you for coming to P.C.O.M. Symposium.
  • Thank you very much, the seminar was extremely informative.
    The color handouts were useful and much appreciated. I would suggest handing out many M-test check-up lists so we have a fresh one every time we practice with a partner doing an assessment.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中