ケア・ワークモデル研究会 第3回学術総会

第3回学術総会が以下の日程で開催されます。
今回は、福島県立医科大学理事長兼学長の菊地臣一先生、鍼灸ジャーナリストの松田博公氏を迎えての特別講演が行われます。
また、基調講演では、昭和大学の水間正澄先生がリハビリテーション領域におけるM-Testについて講演されます。
みなさまのご参加をお待ちいたしております。

詳細はこちらをご覧ください。
【会 期】2009年9月5日(土)~9月6日(日)
【会 場】 福岡大学 文系センター棟
——————————————————————————————-
9月5日 
● 
16:40-17:30 M-Test(経絡テスト)症例解説―診断と治療の手順―(向野義人先生)
● 18:00-19:30 懇親会

9月6日
●  9:30-11:15 一般口頭発表 (婦人科、耳鼻科、スポーツなど)
● 11:30-12:00 通常総会
● 13:00-14:00 基調講演 
「リハビリテーションにおけるM-Testの意義」( 水間正澄先生)
● 14:00-16:00 特別講演
           ①「腰痛の病態と治療 – 新しい概念と戦略 -」(菊地臣一先生)
           ②:「人と天地相参ず 古代鍼灸の懐かしい未来」(松田博公氏)
——————————————————————————————-
※ 5日にはM-Test初級講習会も開催されます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中