ケア・ワークモデル研究会 第3回学術総会 演題決定!

2009年9月5日(土)~9月6日(日)、 福岡大学 文系センター棟で開催される
第3回ケア・ワークモデル研究会学術総会の一般演題が以下の通り決定しました。

(1) 陸上競技における短距離選手とハードル選手のM-Test所見の違いについて
(2) ゴルフでおこる腰痛にM-Testが有用であった2症例
(3) M-Testの前後における頸椎アライメント、運動変化の二次元動作分析からの検討(第2報)
(4) M-Testがメタボリックシンドロームの指標に及ぼす影響
(5) 就労女性の月経痛に対する非能動型接触鍼による継続的治療が有効であった3症例
(6) 離島診療所におけるM-Testを用いた鍼治療の有効症例
(7) プライマリーケアにM-Testと漢方医学的アプローチが有効だった3例

皆様のご参加お待ちいたしております。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中