ケア・ワークモデル研究会 第3回学術総会 演題決定!

2009年9月5日(土)~9月6日(日)、 福岡大学 文系センター棟で開催される
第3回ケア・ワークモデル研究会学術総会の一般演題が以下の通り決定しました。

(1) 陸上競技における短距離選手とハードル選手のM-Test所見の違いについて
(2) ゴルフでおこる腰痛にM-Testが有用であった2症例
(3) M-Testの前後における頸椎アライメント、運動変化の二次元動作分析からの検討(第2報)
(4) M-Testがメタボリックシンドロームの指標に及ぼす影響
(5) 就労女性の月経痛に対する非能動型接触鍼による継続的治療が有効であった3症例
(6) 離島診療所におけるM-Testを用いた鍼治療の有効症例
(7) プライマリーケアにM-Testと漢方医学的アプローチが有効だった3例

皆様のご参加お待ちいたしております。

ケア・ワークモデル研究会 第3回学術総会

第3回学術総会が以下の日程で開催されます。
今回は、福島県立医科大学理事長兼学長の菊地臣一先生、鍼灸ジャーナリストの松田博公氏を迎えての特別講演が行われます。
また、基調講演では、昭和大学の水間正澄先生がリハビリテーション領域におけるM-Testについて講演されます。
みなさまのご参加をお待ちいたしております。

詳細はこちらをご覧ください。
【会 期】2009年9月5日(土)~9月6日(日)
【会 場】 福岡大学 文系センター棟
——————————————————————————————-
9月5日 
● 
16:40-17:30 M-Test(経絡テスト)症例解説―診断と治療の手順―(向野義人先生)
● 18:00-19:30 懇親会

9月6日
●  9:30-11:15 一般口頭発表 (婦人科、耳鼻科、スポーツなど)
● 11:30-12:00 通常総会
● 13:00-14:00 基調講演 
「リハビリテーションにおけるM-Testの意義」( 水間正澄先生)
● 14:00-16:00 特別講演
           ①「腰痛の病態と治療 – 新しい概念と戦略 -」(菊地臣一先生)
           ②:「人と天地相参ず 古代鍼灸の懐かしい未来」(松田博公氏)
——————————————————————————————-
※ 5日にはM-Test初級講習会も開催されます。

症例検討会(7/11 in 東京)

7月11日(土)開催のM-Test症例検討会の予定は以下のとおりです。
ご参加お待ちいたしております。
—————————————————————————–
17:05 ごあいさつ
17:05 症例検討(発表10分&質疑応答5分)
 ● 転倒での頚部痛に対する鍼治療(女子サッカー)—大西L.Ac
 ● 良性発作性頭位めまい症———————————新井Dr.
 ● 下肢の浮腫—————————————————-新井Dr.
 ● 過換気、不安神経症にM-test を実施した症例——-丸野Dr.
 ● 医療従事者の腰痛3症例———————————–山下L.Ac
 ● ポストポリオ症候群の改善と悪化————————松本L.Ac
18:35 M-Testに関する質問、情報交換、最新情報など
 ● 最近の症例/間違いやすい動き/最近の質問について
など
——————————————————————————
日  時:2009年7月11日(土)17:00〜19:00
会 場:昭和大学病院中央棟3階 カンファレンス室を予定
参加費:無料(※ご参加頂けるのはケア・ワークモデル研究会会員のみです)
申込先:ケア・ワークモデル研究会関東地区事務局(担当:松本美由季)
ファックス :03-3784-2188

M-Test 初級コース (5月10日、福岡大学)

2009年5月10日(日)M-Test初級コース研修会が福岡大学にて開催されました。
参加人数は14名。地元福岡からはもちろんのこと、愛知、奈良、広島、鹿児島、熊本、大分など多くの地域から参加がありました。
今回は、医師9名、看護師2名、鍼灸師3名で多くの職域の方に熱心に受講して頂き、これからの広がりを感じさせました。

関東地区 症例検討会(於:きゅりあん、2009.2.21) 

2月21日(土)関東地区で症例検討会が品川区のきゅりあんで開催されました。
今回は、3人の先生方の症例発表が行われ、活発な意見交換が行われました。
今後も開催される予定ですので、ホームページでご確認いただきご参加ください。

 
 
—————————————————————————————
【 今回の症例 】

  •  脊髄梗塞の疑いのある症例
  •  片頭痛の症例
  •  少陽病期の頭痛の症例
  •  二分脊椎症患者の腰痛の症例
  •  乗り物酔いに著効した一症例

—————————————————————————————

発表された先生方、貴重な発表ありがとうございました。また、ご参加のみなさまおつかれさまでした。

日本東洋医学会関西支部例会で向野先生が講演されました

10月26日(日)大阪国際会議場で行われた日本東洋医学会関西支部例会で向野先生が講演されました。
演題は『M-Testによる診断と鍼治療』で、経絡の概念から始まり、経絡テスト(M-Test)の方法論について五行や症例を用いながらわかりやすくお話しされました。
この日の参加人数は関西支部例会で過去最高だったとか。

M-Test症例検討会(12月6日, 福岡)開催のお知らせ

☆☆☆☆☆☆☆ M-Test 症例検討会開催のお知らせ☆☆☆☆☆☆☆
下記のとおり症例検討会を実施します。
参加を希望される方はE-mailでお申込みください。
———————————— 記——————————————-
期日:2008年12月6日(土)17:00-18:30
場所:福岡大学病院内(福岡市城南区七隈七丁目45番1号)
内容:症例報告およびM-Testに関するディスカッションなど
※症例数や内容など詳細が決まり次第blogに掲載します。
参加料:無料
参加資格:ケアワークモデル研究会会員、福岡大学病院職員及び医学生
定員:20名
主催:福岡大学病院東洋医学診療部, ケアワークモデル研究会九州地区
——————–参加申し込み(締切 11月末日)———————-
以下の①-③の事項を記載して下記申込先まで送信ください。
①参加者氏名
②E-mailアドレス
③種別(※以下のいずれかをご記載ください)
ケアワークモデル研究会会員、福岡大学病院職員、医学部学生
申込先;福大東洋医学診療部 
fukuoka.caresystemforum@gmail.com
※参加申し込みをされた方には確認メールと場所の詳細などを送信します。  
5日以内に返信がない場合は、お手数ですが再度メールをご送信ください。
(注意:11月7日~14日到着分のメールは都合により11月15日以降の返信となります。ご了承ください)
ご不明な点がありましたらご気軽にご連絡ください。
————————————————————————————–

☆☆☆☆☆☆☆ 症例検討会で発表頂ける方を募集します☆☆☆☆☆☆☆
発表頂ける方は下記期日までにご連絡ください。
詳細と症例報告用フォーム(抄録用)を送信させて頂きます。
発表受付:11月20日まで
たくさんのご応募お待ちしております。
受付先:福大東洋医学診療部 
fukuoka.caresystemforum@gmail.com
☆M-Testに関する質問・疑問がある方は当日お持ちください。
みなさんでディスカッションしましょう。
また、ご希望などありましたらメールで送信ください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆懇親会を開催します☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
症例検討会後に懇親会を開催します。お時間のある方はぜひご参加ください。
向野先生を囲んでおいしいお酒を飲みながらいろんなお話をしましょう。
場所:天神周辺
時間:19:30~21:00
予算:5000円前後
定員:15名
※懇親会受付締切11月20日

以上、ご参加お待ちいたしております。

栃木県鍼灸師会「経絡テスト」講習会

栃木県鍼灸師会で「経絡テスト」講習会が開催され、向野先生が出演されます。
————————————————–
講師:向野義人先生
日時:平成20年11月30日 13時30分から16時30分
場所:栃木県宇都宮市大通り2‐4‐6 
「ホテル ニュー・イタヤ」
————————————————–
詳細はこちら

日本東洋医学会関西支部例会

『平成20年度日本東洋医学会関西支部例会』で向野先生が特別講演に出演されます。
—————————————————-
日時:平成20年10月26日(日)9時25分~18時
会場:大阪国際会議場12F
特別講演Ⅱ M-testによる診断と鍼治療  向野義人
—————————————————-

Pacific Symposium 2008


November 5-11, 2008にSan Diegoで開催されるPacific Symposiumで、向野先生がM-Test(経絡テスト)のLecture, Workshop, Two day seminarを行います。
————————————————————————-
Nov 10th
~ Lecture and Workshop ~
Nov 11th -12th
~ Two day Seminor ~
————————————————————————

詳細はPacific symposium2008をご覧ください。